KAUAI,ミュージック , J-POP,/Rhamnus580444.html,1555円,cabinet-alergolog.ro,March-05 KAUAI 返品送料無料 March-05 KAUAI 返品送料無料 March-05 1555円 KAUAI March-05 ミュージック J-POP KAUAI,ミュージック , J-POP,/Rhamnus580444.html,1555円,cabinet-alergolog.ro,March-05 1555円 KAUAI March-05 ミュージック J-POP

KAUAI お見舞い 返品送料無料 March-05

KAUAI March-05

1555円

KAUAI March-05

商品の説明

自然音と、人口音と、楽器音と、歌声が、こんなに見事に共生してるのは聞いたことが無い。眼前に広がるリアルに聞き入って、これはカウアイに行って来たという事にしてしまおうと思う。24bitの波の音をお土産に。(鈴木 慶一)

ここには疫病も害虫もいなかったというかつての楽園のハワイがある…観光客に毒される前の総天然色パラダイス。祝福を受けた後、突然久保田麻琴に降りてきたというオープンチューニングは最高に気持ちいい響き。今年の夏はこれがあれば。クーラーかけずに過ごせそうだ。(中西俊夫)

“南嶋シリーズ〜ミャーク"、“ぞめきシリーズ"のプロデュース、さらにBLACK WAX、濱口祐自、タクシー・サウダージなどの発見やプロデュースと、近年さらに精力的に活躍する“旅する音楽プロデューサー"久保田麻琴。最近でこそ自身名義のアルバム発表がありませんが、以前からのファンには久保田麻琴=素晴らしいアーティストであり、久保田自身のアルバムを早く聞きたいという方も多くいます。
本作は、そんなアーティストとしてのすばらしさを十二分に感じさせてくれる2005年作の復刻アルバムです。
ハワイ諸島のなかで地学的にもっとも古い島とされるカウワイ島。そのワイメアという街の教会で出会った音楽体験から製作されたのがこのアルバムです。ハワイ語で歌われる賛美歌や教会音楽にスピリチュアルなものを感じた久保田麻琴が、その音楽を司っているカネヘレ・ファミリーの若き娘さんらに焦点を絞り、そこにギャビー・パヒヌイの息子、シリル・パヒヌイによるギター、カウアイ島在住のシンガーでダンサーのアーンティ・ナニ・ヒガの歌、そして久保田麻琴自身の歌や彼がワイメア滞在中に思いついたオープン・チューニングの12弦ギターが絡み合い、さらに寄せては返す波、峡谷を渡る風、鳥や虫の鳴き声などの自然音を散りばめ、一つの世界を作り上げたのが本作です。
もちろん今回の復刻に際し、久保田麻琴自身によるリマスタリングが施され、よりヴィヴィッドな音像と、それにともなってワイメアのスピリチュアルな空気感も一段と増しています。
ハワイ音楽ファンからワールド・ファン、さらにヒーリングや癒し系のファンの方々にも、十分満足していただける作品です。

KAUAI March-05

  • ネオジム磁石
    製品情報

    現在、世界で最も強力な磁石です。わずか数cmの大きさで、10kg以上の吸着力!アイデア製品、新製品開発に最適です。

  • サマコバ磁石
    製品情報

    温度特性に優れているため温度安定性が要求される用途に適しています。防錆のための表面処理は不要です。

  • フェライト磁石
    製品情報

    酸化鉄を主原料にしているため、低コストが重視される用途に向いています。錆の心配はありません。

  • 表面磁束密度
    吸着力計算

    ご希望の磁石の表面磁束密度、吸着力、限界使用温度などを計算いたします。径方向着磁にも対応いたしました。

  • 磁石・磁気の
    用語辞典

    磁石・磁気に関する用語解説集。専門書にも負けない豊富な内容で、初心者からプロまで幅広くご利用いただけます。

  • 磁石の歴史

    大昔の磁石、磁気科学の歴史、強力な磁石が出現した背景など多くの図表を使って解説しています。

メールアドレス
リメンバーNeoMag通信 【電池の基礎シリーズ(2)】
2012年11月配信
1.マンガン乾電池
1866年に、ルクランシェが乾電池の先駆となるルクランシェ電池を発表しました。これは、素焼き筒の中に電解液を浸し、正極に二酸化マンガン、負極に亜鉛を用いたものでしたが、このルクランシェ電池の電解液を非流動化させ、日常使いやすいルクランシェ型マンガン乾電池の開発が19世紀末に世界で行われました。1880年代のほぼ同時期に日本の屋井先蔵、デンマークのヘレセンス、ドイツのガスナーらが開発を行い、これを乾電池と呼んだのです。
この電池は1880年代の後半から現代まで世界で大量に生産され使用されています。開発初期の正極には、天然産二酸化マンガン鉱石をそのまま粉砕して用いられましたが、現在は硫酸酸性硫酸マンガン水溶液から黒鉛アノード上に電気分解によって析出する電解二酸化マンガン(γ-MnO2)が使用されています。
磁石関連用語PickUp
ネオマグFacebook